えっ?コンタクトレンズのケースがワクチンになるってホント??

こんな今だからこそ「在宅ワーク」完全在宅で集客できる方法とは!?

コンタクトのケースがワクチンになる

最近はカラーコンタクトなどでオシャレを楽しむ女性が増えて来ていますよね。実はその際に出るゴミのコンタクトやカラーコンタクトのケースがワクチンや様々な化学製品に生まれ変わるんです。

【友達勧誘なし】お友達から嫌われるのが怖くて、なかなか口コミができない方へ

『どうしてワクチンになるのか』

実はコンタクトのケースはメーカー問わず全てポリプロピレンという素材で作られており、非常にリサイクルに適しています。

ポリプロピレンという素材はその加工のしやすさから、リサイクルに回されるものの約50%が再利用可能なものとして加工され医療現場では注射器やワクチンの入れ物になったりしています。

一般ではペットボトルのフタなどがリサイクルに回されがちですが、最近では「アイシティ」という会社がコンタクトの容器回収を始め、リサイクルに役立たせています。

詳細は「アイシティ eco プロジェクト」で調べると特設ホームページが出て来ます。

『コンタクトケース回収の社会メリット』

先ほどもあげた会社のアイシティさんはコンタクトケース回収により、ワクチンへのお役立て以外にも、その成果を社会貢献に役立てています。

例えば、リサイクルで得られた対価の全額を日本アイバンク協会に寄付しています。寄付金の総額は累計780万円で、角膜移植手術に役立てられているほか、アイバンクへの献眼活動などの普及活動に利用されているそうです。

ワクチン貢献のほか、CO2を966.83t(東京ドーム57.9個分)削減する事に成功しました。

私たちがコンタクトケースを寄付するだけで間接的にこれらの社会貢献に参加することができます。

『コンタクトレンズケースの回収率の現状は?』

実際にコンタクトケースのの回収率は1%に留まっています。

回収されないと空ケースはごみとして処理されるため、焼却処理によるCO2増加や、海洋プラスチックごみになる恐れがあります。

アイケアカンパニーが、アイシティの会員向けに行った認知度調査では、約70%の人が空ケースを回収できることを知らなかったという結果でした。

それから2013年より様々な企業や学校様と活動を始めたそうです。

『気をつける事』

リサイクルに出す際には、アルミのフタなどは外し、水気も拭き取り、ケースのみをリサイクルケースに入れましょう。使用済みレンズも入れないようにしてください。

『まとめ』

現在ではコンタクトケースの回収ボックスはアイシティさんに置いてありますが、今後回収場所が増える可能性もあります。

出来るだけ協力し、ワクチンがなくて困っている人や、廃棄で発生するCO2の削減のために協力していきましょう。

もしも、

『口コミしなくても集客できる勧誘方法があるとしたら、あなたはどうですか?』

集客のために声をかけることに悩んでいませんか?

ネットワークビジネスをしていて、集客に悩んでいませんか?

毎月1,700人以上の方が集まっている方法を無料で伝授しています!

友達にバレずにネットワークビジネスを成功させる方法。

「集客」の悩みが一気に解決します!!

オンラインツールのノウハウを活用した”新しい時代のリクルート法”を今すぐ手に入れましょう!!

この1クリックが、あなたのビジネス観を大きく変えてくれるはずです!

友達に嫌われるどころか…..逆に感謝される勧誘方法を知りたくないですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!